FC2ブログ

お手本

昨日のアジ練は暑くて、タクトはヘロヘロ。
(まだ4月なんですが)
帰ってきて、ご飯をあげ、いつものようにサークルでしばらく休ませた。
そろそろ出していいかな、とタクトを見たら、
「今日はこのままサークルでいいでしゅ。目が開きません」と訴えてきたので、
朝までそのまま。
今からそんなでどうする!

ベルクは寝る前に、庭にトイレで出すのだが、
用を済ませると、時々さっさと足もふかずに家に入ってくる。
まったく、歳を取ると、いい加減になるものだ。
「ちょっと庭に出ただけですから、足はほとんど汚れていないですよ」
って思っているに違いない。
ま、実際にそうなんだけど、ルールはルールですからね。

その点、タクトはまだ(笑)律儀。
外出から戻り、ベルクパパも私も片付けに追われて、
ベルタクを庭に放置したままになることがある。
タクトは、玄関までやってきて、
足を拭いてもらうのを待っている。
昨日も、オスワリして待っていて、
目が合った途端、尻尾を振った。
ん~、可愛いなぁ。

ただ、勝手に玄関に下りたり、逆に部屋にあがったりしないのは、
ベルクの教育の成果だと思う。
最近はいい加減だけど、基本は、ベルクはちゃんと待つから、
そんなベルクを見て、自然にタクトは覚えた。
以前、AFCでテーブルの上におもちゃが乗っていて、
タクトは欲しくてたまらないのだが、足をテーブルにかけることはしなかった。
先生が「足をかけないんですねぇ」と感心していたが、
これもベルクがやらないからだと思う。
見たことがないから、「足をかける」ということを知らないのでは。

ベルクはいいお兄ちゃんで、よき手本だと思う。
いいところはどんどん吸収して欲しいな。
たぶん、タクトの前では、きちんとルールを守るだろうから。(笑)
その位の知恵は当然働くベルク兄さんです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク