FC2ブログ

オビディエンス・トライアル

今日は、ベルクのオビディエンス・トライアルの日。
いろんな不安を抱えながらの参加となった。

本番が始まると、テンションは超低く、
ヒーリングはノロノロ。
速歩も普通のまま。
でも、致命的なミスは犯さず、なんとか合格することができた。
木曜日、会社を休んでまで受けたレリーン先生のレッスンが効いたなぁ。
それに、何とか12歳のベルクを合格させてあげたい、
という気持ちが伝わってきた。
ジャッジの先生だけでなく、その場にいた皆さんから。。。
ありがたいことです。
そういう応援に後押しされ、合格できたのだと思う。

何日か前の散歩のときに、ベルクに、どうしてもUDのタイトルが欲しいの、
と話をした。
わかってくれていたのかな。

あと1回合格すれば、UDタイトルをゲット。
AFCで栄えある2頭目となる。
取れるかな、取れるといいね。

トライアルは午前中で終了したため、
午後は急遽開催されたレリーン先生のレッスンを受けてきた。
ベルタクとも。
タクトは、順番待ちの間、
こうやって足の間から顔を出す。
blog0665.jpg

アジリティ・トラアルのジャッジであるリネイ先生からは、
「頑張ってください」と言われた。(日本語で)
12歳のサモエドは、印象に残っているのかな。

とにかく、ベルク、お疲れさまでした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク