FC2ブログ

食べ納めと高鳥谷山

朝5時に家を出て、山荘へやってきた。
-5℃。
部屋の中は-2.1℃。
はい、寒いです。
とりあえずファンヒーターをつけ、たっくんとオルフに朝ごはんをあげて、再び出発。
諏訪から高速にのり、松川で下りて、里の菓工房へ向かった。
「できたてモンブラン」の食べ納めである。
今回はパフェも堪能。
これで来年まで食べることはできない。
寂しいなぁ。

できたてモンブラン。
blog8822.jpg

信州伊那栗と秋の果実パフェ。
blog8823.jpg

そして、高鳥谷山へ向かった。
事前のリサーチでは、駐車場から山頂まで1時間もかからないし、歩きやすい道、とあったので、軽い気持ちだった。
ところが。。。
山を甘く見るものではない。
山頂までの47分間、延々上り。
しかも急登が多かった。
この私が、ですよ、息が上がり、脚を止めましたもん。
30km走っても(マシン上だが)、息の上がることはないのに。
目の前に広がる急坂を見て、なんど「マジか」とつぶやいたことか。。。
(下山中に出会った親子連れも、「遠足気分で来ました、スカートですよ~」なんてママさんがおっしゃっていた)
私は今まで一番しんどかった。

それでも、いつかは山頂へ着く。
苦しみながら到着した山頂からは、中央アルプス、南アルプスが広がっていて、眺めが素晴らしかった。
これが登山のよさだな~。
15分後にベルクパパ&オルフチームも無事到着。
みんな、頑張ったね~。
山頂には我が家しかおらず、貸し切り状態だった。

下山はもちろん、ずっと下り。
息の切れることはないが、ずっと下りはそれはそれで疲れる。
しかも、落ち葉がたくさんあり、その下が見えず怖かった。
(岩があると滑る)
ここでの失敗は、ベルクパパから車のキーを受け取っていなかったこと。
駐車場に着いて、延々30分ベルクパパチームが来るのを待つハメになった。
たっくんなんて、駐車場で寝ていた。
(どうして下りでここまで時間差ができるか、よくわからない)

駐車場。
blog8824.jpg

blog8825.jpg

blog8826.jpg

blog8827.jpg

blog8828.jpg

blog8829.jpg

blog8830.jpg

blog8831.jpg

blog8832.jpg

blog8833.jpg

買い出しをし、温泉と食事を済ませて山荘へ戻った。
結局、一日山荘を留守にしていた。
ベルクパパは、明日山荘で作業があるので、頑張ってもらいましょ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク