リード

ノーリードでトイプーを散歩している高齢の男性がいた。
車が通らない遊歩道だからか?
呼び戻しができるからか?
でも、すぐ脇は車道だし、犬に「絶対」という言葉はない。
公道では、リードをつけるべきだと思う。

トイプーはタクトを見るとすっ飛んできた。
攻撃性はなさそうだし、タクトも襲うことはないので、挨拶をさせても大丈夫だとは思ったが、
それをさせるとノーリードを認めることになってしまう気がした。
飼い主さんは名前を呼んでも(案の定)戻ろうとしない。
トイプーとタクトの間に入って接触させないようにし、飼い主さんに「リードを付けてください」と言ったら、あっさり「はい」と言ってリードをつけた。
拍子抜けするくらい素直な返事だった。
ということは、もちろんリードを付けなくてはいけないってわかっているっていうこと。
「うちの子は大丈夫」だと思っても、やっぱりリードは付けて欲しい。
(呼び戻し、効かなかったじゃん。。。)

タクトと距離が離れたら、またノーリードにしていた。。。(ーー;)

blog4770.jpg

blog4771.jpg

珍しく噴水があがっていた。
blog4772.jpg

blog4773.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク