FC2ブログ

母のこと

10年以上前からアルツハイマー痴呆症を発症していた母が、本日他界した。
先月末から何も食べられなくなり、もう長くはない、と言われていた。
痴呆症以外では悪いところがどこもなく、老衰だった。

以下、この話題が続くので、興味のない方は読み飛ばしてください。

母は5年ほど特別養護老人ホームに入所していて、ここでは本当によく面倒を見てもらっていた。
もう最期が近いとわかっても、気持ちよく過ごしてもらおうと、手を尽くしてくれた。
「よろしくお願いします」と言うと、「お任せください!」と元気よくおっしゃってくださった。
こちらの方が元気をもらった。
今日も、泣いてくださったスタッフがいたし、多くのスタッフが見送ってくださった。
本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。

私は母っ子で、旅行も二人で行っていた。
その私のことまでわからなくなってしまい、娘としては衝撃的で受け入れがたかった。
痴呆症を恨んだけれど、母は、何もわからなくなって、悩み事もなくなり、
施設で手厚くケアしてもらい、最期は眠るように逝くことができ、幸せな一生だったのかな。
老衰だものね。
今時、ガンにもならず、どこも悪いところがなかった。

母と子の会話はとうの昔になくなっていたが、それでも生きているのといないのとでは大きい。

実は、母の状態とタクトの目と、落ち着かない日々が続いていた。
お通夜は(日)。
暑い日だったら、目薬を頻繁にしなければならないタクトをどうしよう、と思っていたが、
(日)だったらエリカラ生活は終わっているかもしれないし、暑さも一段落する。
少し安心した。

私を産んでくれた、世界でただ一人の母。
産んで育ててくれてありがとう。
本当にありがとう。
あなたの娘でよかった。
安らかに眠ってね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

心よりお悔やみ申し上げます
合掌

仲良しの母娘でしたね。
お母様のご冥福をお祈りいたします。
ママさんもご自愛してくださいね。

No title

お母様のご冥福お祈りします。

母が亡くなって10年、父が亡くなって2年弱、40歳代で両親とも亡くしました。いまだに、あの時どうだったかな?と聞きたいことが出てくるとさみしくなるけれど、私が幸せでいることが、親の願いだと信じて・・・・。
らびりんも、昨年からずっと引き続き、心労も絶えなかったと思います。

ご自愛くださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

会話はなくなっていたとはいえ、母は母ですもの
淋しくなりますね。
気がかりなことが重なって大変でしたね。
どうしても!と言う時は呼んで下さい。
お手伝いに伺いますから。
私も母の介護とまーもんの介護が重なって困ったことを思い出しました。

ご冥福をお祈りいたします。
らびさんはくれぐれもご自愛ください。

No title

お母様のお冥福をお祈り申し上げます・・・。



お返事です

kenkenさん
ありがとうございます。

菜々ママさん
ありがとうございます。
ちょっとベルクの最期の時と重なってしまいました。

もにもに
ありがとう。
もうちょっと話をしたかったな、と思う。
ま、私は兄と違って、手のかからない子だったから、安心していたと思うけどね。
きちんと母を送ったら、一段落かな。

非公開さん
ありがとうございます。
心では通じていたと思いたいです。

ムーニンさん
ありがとうございます。
会話もできず、目を開けることもなかったですが、温かかった。。。
それだけでうれしかったのですけどね。
お手伝いなんて恐れ多い!
今度、ゆっくりお話したいですね。

アリオンさん
ありがとうございます。

遅くなりましたが、お母様の御冥福をお祈りいたしますm(_ _)m
親が亡くなるって本当に辛いですョね…
ラビさん、どうぞご自愛下さいね!

タッ君、早くエリカラ外れると良いですね!
散歩中にナデナデして貰ったあとは良い笑顔…家でのドヨン顔対照的で面白いです(^O^)

お返事です

えりママさん
ありがとうございます。

エリカラは、見ていられる時ははずし、夜とか留守番のときはつけようかな、と思っています。
掻かなければずっとはずしていられるのですが、あと数日は様子を見ようと思います。
せっかくここまできて、逆戻りはいやですからねぇ。
CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク