FC2ブログ

葛藤

ベルクの世話は笑顔でやりたい。
本当にそう思っているのだが、下痢を1日に何度もされてしまうと、笑顔どころか文句を言ってしまう。
せめて下痢の間隔が空いていればいいのだけれど、今日なんて一連の後片付けを終え、やれやれとコーヒーを飲もうとしたらまた下痢。
寝床では下痢をしなかったのに、今日はおnewベッドでやってしまった。
いくら耳が遠くなったとは言え、雰囲気でブツブツ言っているのは伝わると思う。

このままではいけないと思い、ジムへ行って気張らしをし、精神的にもすっきりして帰ってきた。
やれやれ、と一息入れていると、なんと今度はオシッコ。
はぁ~。

オムツをすればいいのかもしれないが、オムツをすると腰が下がってしまう。
そうでなくても、下がってきているのに、それに輪を掛けることはしたくない。
だったら、ベルクが何をしようと、気持ちよく片付けをすればいいのに、気持ちが付いていかなくなる。

ベルクにはずっとそばにいて欲しいし、「介護させてね」とベルクに言っているのに、
果たしてそうなった場合、笑顔でできるのだろうか。

一晩寝て、明日からこそ、笑顔でベルクと向き合っていきたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

その気持ち分かりますねぇ♪
頭では分かっていても…
イライラしたりします(~_~;)
特に我が家はハイパーなスタンプーがいるので、エアルにかまっているとヤキモチで邪魔して来るので余計イライラ(`m´#)

あぁぁ〜っと反省しちゃいます。

エアルと同じに愛情注げるか心配で違う犬種にしましたが、結局2頭に可哀想な事をしたんじゃないかと…

ベルク君は愛されてるのが分かってるから、多少イライラしても大丈夫な気が。。

やはりサモエドは可愛い✽(′ॢᵕ ‵ *ॢ)✽

ラビさんはタクト君よりベルク君に愛情を感じる事ないですか❓

お返事です

エアルママさん
ベルクは特別な存在で、タクトとはちょっと違いますね。
もちろん、タクトも可愛くて愛していますけど、ベルクは格別な存在というか。
でも、タクトを迎える前は、もっと愛情に差があるかな、と思っていましたが、タクトはタクトなりに愛しています。

ベルクにはずっとそばにいて欲しい。
その思いを忘れずに、接していきたいと思います。
CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク