FC2ブログ

検査結果

肝臓エコーを撮ったところ、
肝臓ガンの疑いが強い、という診断結果だった。
本当にガンかどうかは、手術で病巣を取り出し、検査しなければならない。
もう14歳のベルク。
全身麻酔をするつもりはないし、たとえガンだと確定しても、
摘出手術をするつもりもない。

犬の死因も、ガンは高いから、
いつかはなるかも、という思いはあった。
やっぱり、避けられなかったか、という気持ちかなぁ。

そうは言っても、ショックはショックです。
できれば、老衰で苦痛なく逝かせてあげたい、とずっと思っていたから。

今は自覚症状はないし、元気は元気。
ガンと上手につきあっているわんこはたくさんいる。
ベルクにだって、できるはず。
発作だって、1年近く起きていない。

今後どうなるかわからないけれど、
サプリや食事等で、できる限り今の状態を維持してあげたいと思う。
穏やかな日々を過ごさせてあげたい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ベルク君心配ですね。
うちのクーキーも今年のワンドッグで肝臓の数値が高く、
精密検査を勧められました。
でも、もう14歳。何があってもおかしくないし、今さら検査で病院通いは可愛そう。
とっても元気で食欲はあるし、ワンワンうるさいし・・これだけでいいと思っています。

人間だって70歳80歳になれば、どこかしら悪いところはあるし、ガンとうまく付き合っている人はいます。
14歳だから、今さら病気と闘う必要もなく、
穏やかな毎日を過ごせればいいと思っています。
それでも、ベルク君の癌が間違いでありますように!

No title

なんとお言葉をおかけすればいいのか分かりませんが、心中お察しします。
サモエドの14歳は長寿だと思いますが、病気は切ないです。
ベルク君が少しでも穏やかに過ごせますよう、お祈りしています。

お返事です

chekoさん
そうなんです、もう14歳だから、何があってもおかしくはない。
だから、これ以上の検査はしないつもりです。
はっきりガンだとわかったところで、何もできないですから。

いままでいろいろ頑張ってきてくれたベルク。
これからは、1日でも長く穏やかに、と願います。
クーキー君も穏やかな毎日を過ごせますように。

さくらママさん
14歳だからもう十分、なんて思いません。
これからもずっと、そばにいて欲しいし、
穏やかに、とひたすら願います。
ありがとうございました。
CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク