FC2ブログ

明暗

ベルクは、耳が遠くなってしまったので、
飼い主が帰ってきても気づかなくなってしまったが、
タクトは、わずかな音も聞きつけて、玄関まで迎えにやってくる。
玄関を開けると、オスワリして、尻尾を振っているたっくんが。
まるで、何年ぶりかの再会のように、大喜びして出迎えてくれた。

玄関でそんなことをしている間、
ベルクは、ベルクパパからバナナをお裾分けしてもらっていた。
タクトが室内に戻ってそのことに気づき、
慌ててベルクパパのそばでオスワリしたが、
タッチの差でバナナはなくなってしまった。

う~ん、ちょっと可愛そうだったかな。
ま、わたくしは幸せだったけど。
今度、バナナをあげるからね。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク