FC2ブログ

怒濤の。。。

11月だったなぁ。
やはり、たっくんの前十字靱帯断裂が大きい。
事前に予測するのは無理だけど、突然降ってわいた出来事。
通院、手術、面会、と、病院へ何度も足を運んだ。
今はだいぶよくなってきている。
悪化させることのないよう、気をつけているが、術前のドキドキからは解放されたし、それなりに安定してきている。

オルフもね~。
お腹の具合がなかなか安定せず、四苦八苦した。
ようやく、鶏肉が合わないことがわかった。
成犬と違って、一度悪くなると治りが遅いのも実感した。
まだ仔犬。
自分の力で治すのはまだ厳しいみたい。

明日から12月。
みんなそれなりに元気でお正月を迎えられるよう、あと1ヶ月過ごしていきたい。
あっ、大掃除もしなくちゃ。

最近、少しマテができるようになったオルフ。
blog7222.jpg

スポンサーサイト

ストレスフリー

日に日によくなっていくのがわかるたっくん。
サークルから出たがるようになってきた。
出たところで歩き回るのではなく、和室のベッドで寝るだけ。
サークルで寝るのと同じ感じがするが、たっくんにとっては違うらしい。

昨夜、試しに二頭をフリーにしてみたのだが、オルフはやっぱりたっくんと遊びたがり、同時フリーは断念。
しばらくは交互だなぁ。
とは言っても、パピーのオルフをずっとサークルに入れておくのは可哀想。
散歩やご飯のあとは、自らサークルで寝るので、その間たっくんをフリーに。
なんとなく、生活のリズムも出来てきた。
オルフにもたっくんにもストレスをかけることなく、今を乗り切っていきたい。

blog7220.jpg

blog7221.jpg

順調

昨日の診察で、テーピングが以前より軽くなったからか、よくなったからか、今日は動こうとすることが多かった。
急に動き出しても怖いので、少しずつだよ。
でも、表情は断裂前に戻ったし、オルフには吠えるし、良い感じ、

オルフは、たっくんに、「怒らないで~、ボク、イイコでしょ」と言いたいのか、
伏せたりお座りしたりしてアピールしていた。
でもね、そうせわしなく動くことがたっくんをイライラさせているのだよ。
まだ、そのことはわからないか~。

目つき悪~い。
blog7217.jpg

気持ちよさそう。
blog7218.jpg

blog7219.jpg

退院後初診察

タクトは、退院してから初めての診察へ行ってきた。
傷はきれいだし、特に問題はないとのこと。
包帯を食べていたことについては、何も言われなかった。
というわけで、とりあえずエリカラー生活は回避することができた。

テーピングの交換のほか、レーザー治療やマッサージのリハビリもやり、抜糸も行われた。
先生に預けて待つこと1時間。
待ち時間の間に夕ご飯を食べに行ったが、それにしても時間かかるなぁ。
家に帰って、大急ぎでご飯の準備。
たっくんは、完食して即、寝た。
疲れた~。

散歩にて。
blog7213.jpg

blog7214.jpg

サルーキちゃんと会った。珍しい。
1歳10ヶ月ということだったが、すっかり落ち着いていた。
オルフにもこういう日がやってくるのだろうか。
blog7215.jpg

blog7216.jpg

のんびり

今日は特に出掛ける予定がなかったので(もう、面会に行く必要もなし!)、たっくんの様子を見ながら一日を過ごした。
ずっとサークルにいさせるのではなく、少しは歩かせたい。
オルフは散歩から戻ると、フリーにしていても自分のサークルで寝るので、その間たっくんをフリーにしてみた。
ゆっくりゆっくり出てきて、和室のベッドへやってきて。。。寝た。
フリーでも走り回ることはないし、無駄に動くこともないので、動きすぎて困る、ということはない。
庭にも出してトイレをさせた。
門扉のところで立ち止まり、外へ行きたそうだったが、まだ散歩は無理だからね、もうちょっと我慢してね。

散歩へ行きたいよねぇ。
もうしばらく我慢してね。
blog7211.jpg

赤い円で囲ったところ、退院した時は包帯があったのに、どうやら食べたらしい。。。
そんなことをしていたら、エリカラ生活が待っているよ。
blog7212.jpg

オルフは散歩から戻ると、部屋の中を暴走する。
たっくん、メチャクチャ怒っていた。(ごもっとも)

パピーの柴犬くん。
オルフも一応パピー。
blog7208.jpg

blog7209.jpg

blog7210.jpg

静かな一日

今日はのんびり過ごした。
連日の病院通いも、今日はお休み。
(退院しても、まだまだ通うようだけれど)
たっくんは本当によく寝ていた。
それでも、梨の皮をむき始めると、背を向けていたのに、気が付いて立って待っていた。
内臓はどこも悪くないし、食べもの制限はない。
動かない分、体重が増えないようにご飯を減らしたほうがいいのかな、と思っていたら、
回復期の今は、いつもより1.2倍のご飯をあげるように、と言われたので、心置きなくあげている。

オルフまでよく寝ていた。
昨日のレッスン疲れが残っているのかなぁ。
まだ若いのに。
ともあれ、静かな日曜日を過ごした。

安静にさせるって大変かな、と思っていたが、
寝るのが得意のたっくんには、何の問題もないようだ。
「サークルから出たい」とも言わず、一日中サークルにいた。
うん、完璧だった。
でも、少しは動いた方がいいので、様子を見ながらサークルから出すつもり。
その時、オルフがサークルだね。

昨夜は安心しきった表情で寝ていた。
blog7205.jpg

blog7206.jpg

オルフが視界に入るだけで怒っていた(笑)。
blog7207.jpg

お帰り~♪

午前中はAFCでレッスン。
当初はタクトも予約していたが、キャンセルしてオルフのレッスンを1つ追加した。
オルフにとっては、初めての2時間レッスン。
そろそろオビもきちんとやりたいし、ノーズワークもやっていきたい。
まぁ、やることは満載。
ぼちぼちやっていこうね。
blog7201.jpg

blog7202.jpg

blog7203.jpg

お昼を食べてから一旦自宅へ戻り、オルフに留守番させてタクトを迎えにいった。
「元気ですよ~」と先生がおっしゃり、退院に問題はなかった。
家に戻ると、お気に入りのベッドへ。
基本的にはケージレストなのだが、少しは部屋の中を歩かせるように、と言われているので、オルフをサークルに入れた上でたっくんを自由にしてみたのだ。
走る回るタイプではないので、思ったとおり、ベッドに直行した。
ご飯も完食。
今夜から自分の家でのんびり寝られるね。

今までは、タクトといろんなトレーニングをしてきた。
競技会やテストを目標にして。
でも、しばらくは、「完治」という今までにない目標に、タクトと一緒に頑張っていく。
何だか新鮮な感じがする。
たっくん、一緒に頑張ろうね。

blog7204.jpg

術後六日目

今日は、まずオルフのパピークラスへ。
パピークラスは5ヶ月までなのだが、次のクラス(マナークラス)が始まるまでは、パピークラスに参加できる。
小型犬のパピーはちっちゃい。
オルフが振り返って見るだけで逃げていく。。。(笑)
blog7188.jpg

blog7189.jpg

blog7190.jpg

blog7191.jpg

クラスが終わって駐車場に戻ると、嬉しい再会が待っていた。
たっくんのクラスメートだったスタンプーのサニーちゃんが来ていたのだ!
何年ぶりかなぁ。
たっくんがいればよかったのに残念。
元気になった暁には是非会ってやってね。
blog7192.jpg

そのあとは、オルフの発散と飼い主のランチのため、「cafe KO-BA」へ。
オルフは、ドッグランでオトナ相手によ~く遊んでいた。
いつも遊んでいるお姉さん、お兄さんとは言え、全く動じない。
今日は何度も何度も、「特攻」をしていた。
本当にハナお姉ちゃんの後継者になるの?

blog7193.jpg

blog7194.jpg

オトナとも平気で交わっているオルフ。
blog7195.jpg

オルフもバニちゃんが好き?
blog7196.jpg

お座りしているけれど、実は狙いを定めている。
blog7198.jpg

低い体勢で狙いを定め。。。
blog7199.jpg

ダッシュ!って、それ、特攻じゃん。。。
blog7200.jpg

みなさんと別れて、たっくんの面会へ行った。
順調に回復しているので、明日午前中の最終チェックをし、問題がなければ退院できることになった。
今夜は病院で過ごす最後の夜となりそうだね。
明日、おうちへ帰ろう。

術後五日目

今日は先生からいろいろお話があった。
このまま問題がなければ、週末には退院できるでしょう、と。
明日の様子によっては、24日(土)に退院できそうだ。
あと少しの辛抱だね。
頑張れたっくん。

初めて面会に行ったときはとっても喜んでくれたのに、
5日目ともなると、尻尾を少し振っただけ。
ジムのあとで疲れ切っているのにさぁ。
先生は、「薬を変えたので、ちょっと眠いのかも」とフォローしてくれたけれど。。。
blog7187.jpg

オルフはどんな子でも臆することがない。
ロットワイラーの子にも、平気で誘っていた。
お、大物なのか?
blog7185.jpg

blog7186.jpg


術後四日目

今日も面会へ行ってきた。
ご飯やトイレの時は、だいぶ動くようになったとのこと。
(ウンチはまだ出ない。。。薬で出すそうだ)
特に問題がないので、先生もしゃべることがなく、長居もしづらく、10分弱で出てきた。
問題がない、ということはいいこと。
もともと寝ることは大好きだから、よく寝ているらしい。
先生には「高齢だから」と言われたが、若い時からよく寝ていたっけ。
安静が一番だもんね。
もう少し頑張って。

ジムのあとの面会は疲れるなぁ。
もうヘロヘロ。。。

部屋がたっくんには暖かすぎる。
まぁ、入院しているのは、たっくん以外にもいるから仕方がないけどね。
blog7182.jpg

顔を掻くと、気持ちよさそうに顔を更に押しつけてきた。
blog7183.jpg

イチョウがだいぶ色づいてきた。
相変わらず、サル顔。。。
blog7184.jpg

術後三日目

ジムを終えて、たっくんの面会へ行ってきた。
ジムのあとに電車に乗って出かけるなんて考えられなかったが(疲れているので)、たっくんに会えると思うと、楽しみで楽しみで。
ルンルンして行った。

たっくん、特に問題はないのだが、困っていることが1つ。
ウンチが出ないのだ。
「ワン・ツー」と言ってみたら、ちょっとクルクル回ってやりそうになったのだが、踏ん張ることができずそれっきり。
病院のスタッフの方にも「ワン・ツー」のことを話したら、あとでやってみるとのこと。
たっくん、頑張って出して~。
blog7177.jpg

面会時間は10分ほど。
帰りは何年ぶりかの超満員の電車に乗った。
疲れた~。

今はオルフの散歩だけだし、体も成長しているので、散歩時間を少しずつ延ばしている。
今日は、たっくんと毎日行っている公園まで行ってみた。
初めて見るものがたくさんあって大興奮。
散歩から帰ると、爆睡していた。
静かでいいね。

blog7176.jpg

blog7178.jpg

blog7179.jpg

blog7180.jpg

初めてみた電車♪
blog7181.jpg

術後二日目

たっくんの面会へ行ってきた。
ちょうどオシッコをしている時で、終わったあともしばらく立っていた。
私の姿を見つけると、ゆ~っくりゆ~っくり尻尾を振っていた(笑)。
そして、ヒンヒンと声も出た。
昨日より目に力があった。
先生からも、食欲もあるし、順調に回復しているとのことだった。
そして、何度も何度も、「本当にいい子」と、心の底からおっしゃっていた。

いい感じだね。
また、明日来るからね。

立っていられるね~。
blog7172.jpg

ご飯持参。
blog7173.jpg

オルフはまだマテができないので、写真を撮るのは大変。
blog7174.jpg

blog7175.jpg


術後一日目

たっくんの面会へ行ってきた。
寝ていたが、私達を見るとすぐにお座りへ。
慌てて、「伏せていて、フセ~」と言ったら、素直に横になった。
痛み止めと鎮痛剤を点滴から入れているので、痛みのコントロールは出来ているはず、とのことだった。
鎮痛剤の影響か、まだいつものたっくんではなかったなぁ。
でも、術後、容態は落ち着いている、とのことだった。
麻酔の影響で、腎臓・肝臓の数値が悪くなる可能性がある、と事前に言われていたが、正常値だと言う。
よかった、よかった。
朝、ご飯は完食したとのこと。
また、明日、ご飯を持ってくるからね。

blog7169.jpg

blog7170.jpg

blog7171.jpg

たっくんが靱帯断裂してから、バタバタした一週間だった。
11日の結婚記念日も、12日のオルフ5ヶ月も、気が付いたら過ぎていた。
ふぅ~。
退院までは毎日面会へ行くつもりなのでまだ落ち着かないが、退院までという期限があるので、先が見えてきた。
たっくんを家に連れて帰れる日まで頑張る。

手術無事終了

昨日はまさかの手術延期となったが、今日夕方(夜?)から手術が行われた。
入院中の食事は持っていくので、15時頃ご飯を届けにいった。
「そっと見ていきますか」と言われたので、お願いして見に行ったら、たっくん、寝ていた。。。
こちらに気づいて里心だされるよりよかったかな。
こちらも感傷に浸ることなく病院を後にすることが出来た。

夜、手術終了の連絡がなかなか来なくて、落ち着かなかった。
こういうときって、悪いことばかり連想する。
10時過ぎにやっと連絡が来て、それから病院へ結果を聞きに行った。
靱帯は完全断裂で、完全につなげておいたとのこと。
麻酔が醒めるのは早いほうだったということだが、様子を見に行ったときは、まだぼーっとしていて、飼い主を認識してもらえなかった。
とにかく、手術が無事終わり、麻酔から醒めて本当によかった。
ご心配・応援、本当にありがとうございました。
blog7168.jpg

さて、日中時間があったので、オルフをシャンプーした。
生まれてから2度目のシャンプー。
あらかじめコングを用意して、夢中になっている間にテキトーに乾かした。
ふぅ、大変だった。
blog7167.jpg

延期

手術、急遽延期になった。
たっくんに原因があったのではなく、急患が来たのが原因だが、疲れた一日だった。

何かやっていても、どこか落ち着かなくて、「今から始めます」と連絡のあったあとは、ドキドキ。。。
そのあと、まさか延期になっていたとは。。。
ベルクが痙攣を起こして同じ病院へ行ったときは、すぐに処置をしてもらった。
だから、急患優先は仕方がない。
たっくん、命に関わるものではないし。
まだ、麻酔をしていなかったし。

そこはわかっているつもりだけれど、入院が延びるわけだし、たっくんが戻ってくる日が延びることになるし、思いは複雑。
また、今日のような日を過ごすことになるのは、気が重い。

いよいよ

明日、タクトは手術を受けることになった。
朝、連れていけばいいのかな、と思っていたら、今日連れてくるように言われ、前日に病院入りした。
今夜から行っちゃうんだ、と思うと、また涙。。。
術後1週間ほど入院するので、たっくんのいない1週間が続く。
こんなにいないのは初めてだなぁ。

病院へ連れていき、最終的に先生にたっくんを渡すと、「ほんと、イイコですよね」って。
「ハイ、イイコなので、無事返してください」と心の中で先生に言った。

幸いにもオルフがいるので、家の中が静まりかえらないのは助かった。
兄ちゃんがいなくて、オルフはどんな反応を示すかな、と見ていたら、
たっくんのケージに入って暴れていた。。。
オイオイ。。。

明日、手術です。
とにかく、無事に終わりますように。

サークルから出すと、真っ先に和室のベッドへ。
blog7163.jpg

行く前にたっくんが持ってきたおもちゃ。
帰ると、ポツンとおもちゃだけが残っていた(涙)。
blog7164.jpg

オルフ、案外誘うのがうまいかも。
ワンワン、声付きだけどねぇ。
blog7165.jpg

blog7166.jpg

早く

靱帯断裂の経験者からお話を伺った。
やはり、経験者の具体的なお話は役に立つ。
術式はみなさん同じだし、術後の入院も同じ期間、完全な回復は個人差かな。

散歩へ行きたそうにするし、朝とか外出から戻ると立ち上がって尻尾を振って喜んでくれるし、そういったことを何の心配もなくできるようにしてあげたい。
手術を受けるのなら一刻も早く受けて、少しでも早く歩けるようにしてあげたい。

オルフだけの散歩はあっという間。
散歩そのものは、突然走ったり、止まったり、じゃれたり、と大変だけれどねぇ。
でも、おやつを目の前に出して歩くと、それなりにヒールポジションで歩く。
止まって「オスワリ」と言うと、すごく曲がるけれど座る。
センス、いいかも~。

食べるためには何でもする。
いろいろ教えていく上で、これは重要。
blog7161.jpg

blog7162.jpg

前十字靱帯断裂

今日、再検査をして、「前十字靱帯断裂」と診断が下された。
内科的治療法もあるにはあるが、大型犬(サモエドは中型犬だけど)の場合、手術しかないようだ。
きちんと手術方法を説明してもらい、納得はしたが、念のため、再度検討して返事をすることにした。
素人ながら、術式も調べたいし。
ただ、痛いのはたっくん。
できるだけ早く痛みが取れるよう、全力を尽くさなくちゃ。
たっくんの為、何だってやってあげる。

今日のオルフのウンチはまずまずだったらしい(ベルクパパ談)。
これからはたっくんが大変なので、オルフには落ち着いてもらいたい。

切ない

たっくんとオルフの散歩は大変なので、たっくんの散歩がないのは、体力的には楽だな、と思っていた。
そろそろオルフの散歩へ行くか、と立ち上がると、たっくんは「あっ、散歩だね」とサークルの中で立ち上がり、尻尾フリフリ。
それを見ていたら切なくて可哀想で、涙が出てきちゃった。
一頭だけの散歩は、確かに体力的には楽だけれど、精神的にはこんなにしんどいなんて。
明日の検査結果を見ないと何とも言えないが、しばらく散歩禁止なのは確かだと思う。
散歩、行きたいよね~。
少しでも早く行けるように、何でもしてあげたい。

今日はたっくんのマッサージの日だったが、サークルからは出せないし、ピンチヒッターでオルフをやってもらった。
足の筋肉は付いてきているとのこと。
まぁ、筋肉が付いていても、靱帯は切れるときは切れるということを知ったばかりだけれど、付いていないよりは付いている方がずっといい。
体も出来てきていて、よかった。

オルフ、カラスが気になって仕方がない。
blog7159.jpg

マッサージをしてもらっていると、お股パッカーン。
お腹に毛が生えてきちゃったね。
blog7160.jpg

中間報告

今日は旅籠屋を出て、まっすぐ帰ってきた。
かかりつけの病院へ行くつもりだったが、ふと胸騒ぎがしてHPを見てみると、今日から火曜日まで臨時休診(マジか~)。
(日)は休診の病院も多く、以前ベルクもタクトもお世話になった24時間対応の病院へ行くことにした。
途中で病院に電話し予約を入れ、その時間に病院へ行った。

レントゲンを撮ったり触診したりして。。。
結局、外科の先生がお休みで診断の確定はできなかった。
ただ、骨折はしていないしヘルニアではないし、恐らく前十字靱帯の部分断絶だろうとのことだった。
どの程度か、手術が必要か、等は外科の先生にもう一度見てもらうことになり、今日は痛み止めを処方され、
「クレートステイさせて動かさないように」と言われて帰宅した。
散歩もしばらくお休み。
オルフからの「遊んで、遊んで」アピールからも守らないと。

中部オフ会

4時半出発予定20分遅れで出発し、四日市で開催された中部オフ会に参加した。
途中のSAでタクトとオルフに朝ご飯をあげ、御在所SAで大あんまきと赤福を購入し、中部オフ会会場のBowwow Hillsに到着した。
blog7146.jpg

オルフは全く臆すること無く、広いランを縦横無尽に走り回っていた。
転がされても全然平気だし、どこかでドスコイが始まればすっ飛んでいってワンコラするし、本当に楽しそうに遊んでいた。
いやいや、楽しんでくれればいいのだけれど、何だか先行きが不安になってきた。
つ、強くなりそうだね。。。

blog7147.jpg

blog7148.jpg

blog7149.jpg

blog7150.jpg

blog7151.jpg

blog7152.jpg

blog7153.jpg

同じ犬舎出身のブランシュちゃんと。
blog7154.jpg

お土産いっぱい。
blog7155.jpg

blog7156.jpg

オフ会後は、鰻を食べにいき、温泉に入り、旅籠屋・桑名長島店にチェックインした。
blog7157.jpg

blog7158.jpg

一方、タクトにアクシデントが発生。
私がオルフ、ベルクパパがタクトを見る、と分担を決めた矢先に、「たっくんの右後ろ足が変!」とう声が。。。
足をつけなくなっていたが、痛めたと思われる瞬間を二人とも見ていなかったし、回りの方々からも、特別に悲鳴をあげてはいなかった、とのこと。
特に痛がってはいないが、足を上げているのは事実。
しばらくデッキで休ませていたが、どうしても動いてしまうので、車までベルクパパが抱っこで連れていき、寝させておいた。
捻挫?靱帯断絶?
明日起きたら、ケロっとしているといいんだけれど、そんなこと無理か。。。

明日は滝巡り予定だったが、取りやめて戻り、病院へ連れていくことにした。
どうか、大ごとではありませんように。

パピークラス

今日、オルフはパピークラスに参加した。
3ヶ月のスタンプーの女の子と一緒になった。
まだ、ちっちゃいし、30分もすると寝ちゃうの。
可愛かった~。

たっくんはずっとスタンプーの女の子と一緒にレッスンを受けていたので、なんだか懐かしかった。

コングに夢中。
blog7144.jpg

たっくんに似ている?
blog7145.jpg

さて、明日は中部オフ会に参加するため、早起き。
オルフは弾けて走り回るかな。
たっくんは。。。いつものごとく、ランの真ん中で寝るのだろうな。
久し振りに会うお友達もいるので、楽しみ。

散歩

相変わらずオルフの散歩は大変。
たっくんよりずっと短いのに、疲労感は半端ない。
まっすぐ歩かなかったり、途中で歩くことを拒否するのはいつものことだが、
最近は目の前をピョンピョン跳んで前に歩くこともできない。
突然スイッチが入って興奮状態になる。
かと思うと、ふと落ち葉が目にとまり、追いかけるし。
予測不能。
たっくんは引っ張ることはあっても、こんなに落ち着き無く歩くことはなかった気がする。
それとも、たっくんもこんなだったっけ。
単に忘れてしまっただけ???

散歩はのんびり。
オルフから解放される時間だね。
blog7140.jpg

おやつ待ち。
blog7141.jpg

やさしく脚を置いたり、
blog7142.jpg

たっくんの口回りを舐めたり。
オルフは、実は舐め魔。
blog7143.jpg

今日、抜けた歯を発見!
いよいよ生え替わりの時期になったのかな。

お腹

最近、オルフは軟便が続いている。
何かをきっかけにして、腸内環境が乱れてしまった感じがしている。
オルフは元気だし、食欲もあるし、体重も増えている。
たっくんの記録を調べると、結構軟便があった。
パピーだと、まだ消化器系の働きが確立されていないのかな。
食育セミナーの先輩にも相談しながら、いいブツが出るよう、頑張っている。

朝から元気いっぱい。
blog7137.jpg

blog7138.jpg

匂い嗅ぎで止まるのはOKなんだけど、歩くことの拒否はねぇ。。。
blog7139.jpg

トイレ事情その後

最近のオルフのトイレ。
散歩へ行くようになり、家での回数は減ったし、サークルではトイレトレーの位置を変えて、コルクマットですることはなくなった。
それでも、まだまだ失敗は多い。
すぐそばにトイレがあるのに、カーペットの上でやったり、な~んでもないところでやったり。

同じ頃のタクトはどうだったのだろう、と記録を調べてみたら。。。
失敗はしていたが、毎日というわけではなかった。
オルフは毎日だもんなぁ。
オシリ回りは、まだまだ時間がかかりそう。。

今朝は雨が降ったと思うと晴れ間が広がったり。
雨の降らない時に散歩へは行ったけれど、途中で降られ、急いで家に戻るとやんだ。
ま、そんなものよね。

静か

昨日はラリオビ競技会で、オルフはただ、一緒に行っただけなのに、それなりに疲れたみたい。
今日はよ~く寝ていた。
オルフが寝ていると、家の中が本当に静かだし、平和。
たっくんもよく寝ることができたようだ。
それでも、珍しく2Fへ行く、と言って、2Fで寝ていた。

今日は雨が降ったり晴れたり、変わりやすい天気だった。
夕方、たっくんの散歩は霧雨程度で戻ってくることができたが、
オルフの散歩へ行こうとしたら、いきなりの大雨。
当然、行くのをやめた。

散歩へ行かず体力の有り余っていることがわかったのか、そのあとたっくんがオルフと遊んでいた。
ふ~、助かるなぁ。
たっくんに感謝。

blog7133.jpg

歩くのを拒否。
blog7134.jpg

たっくんの定位置にオルフが寝ていて、どかすこともせずオルフの前で寝ていた。
blog7135.jpg

2Fで寝ていた。
blog7136.jpg

ラリーオビディエンス競技会

今日は、AFCで開催されたラリーオビディエンス競技会にタクトで参加した。
最近はオルフにかかり切りで、放置状態のたっくん。
一週間問題箇所を練習したが、所詮一週間では軌道修正はできなかった。
でも、やる気はあって、アテンションはよかった。
やる気があると気持ちがはやっていい加減になるたっくん。
吠えたし減点はされたけれど、たっくんは楽しそうだったので、いいかな。
順位はまわりの影響があるけれど、レベル2Bが5位、レベル3Bが3位で表彰状をもらえた。
もちろん減点箇所は直していかなければならないけれど、たっくんは頑張ったね。

オルフは出番なし。
みなさんに抱っこしてもらったり、撫でてもらったりして、社会化の勉強をしてきた。

帰りは行楽シーズン、高速は大渋滞だった。
ふぅ。。。

たっくん、お疲れ様。
blog7131.jpg

オルフはおまけ。
こう見ると、オルフ、大きくなったね。
(絶賛サル顔中)
blog7132.jpg

勉強と遊び

午前中はパピークラスへ。
8月末から通っているオルフは、すっかり古株となった。
今日もしっかり呼び戻しの練習をした。
本当に大事。

呼び戻しの練習。
最高のスタートダッシュ。
blog7120.jpg

「脱走ってなんのことでしゅか?」
blog7121.jpg

フリータイム。
blog7122.jpg

お勉強が終わったら、「Cafe KO-BA」でランチ。
ドッグランがあるので、遊ばせた。
オルフは、オトナ達に混じって立派にワンコラ。
でも、自分に向かってこられると逃げていた。
穴掘りもしたし、最後は疲れていたのに、真っ黒になって遊んでいた。
楽しかったね~。

たっくんはいつもと同じ(笑)。
ランのど真ん中で寝ていたが、バニちゃん狩りが始まると起きてワンコラ。
ハナちゃん狩りには不参加なのに。
(この違いはいったい???(笑))
バニちゃんを守っているつもりだったのかなぁ。

ランチ。
blog7123.jpg

遊びの輪にごく自然に加わっているオルフ。
blog7124.jpg

blog7125.jpg

背中をスリスリしている子を理解できないと訴えているたっくん。
blog7126.jpg

直接水が飲めるようになったオルフ。
たっくん兄ちゃんは、未だに飲むことができない。
blog7127.jpg

いつものたっくん。
blog7128.jpg

愛しのバニラちゃんとツーショット。
よかったねぇ。
blog7129.jpg

疲れ切って、ヘロヘロのオルフ。
blog7130.jpg

明日はラリオビ競技会。
オルフはまだ出られないけれど、たっくんはもちろん出る。
体力が回復しているか?
頑張れ、たっくーーーん。

一夜明けて

昨夜はオルフのまさかの脱走劇があったが、
今考えると、何の躊躇もなく脱兎のごとく走っていったことに思い当たる節がある。
ちょうどその時、タクトが散歩へ行っていた。
タクト兄ちゃんを追いかけたのではないか?
確かに許可無く三和土に降りてはしまうのだが、それでもあの走り方はちょっと首をひねってしまう。
タクト兄ちゃんを追いかけたと考えると、腑に落ちる。
もちろん、理由は何であれ、油断禁物には変わりは無い。

タクトは、近々ラリオビ競技会があるので、今週は練習をしてきた。
でもねぇ、よくないのだわ。
止まるところで、パタパタ数歩動く。
細かいようだが、減点対象なので、きちんとやって欲しいのに、たっくん、適当。。。
オルフが来てから、やる気まんまんでわんわん吠えながらやるので、それも減点。。。
いい得点は望めそうにもないなぁ(涙)。
まぁ、もう9歳だし、得点よりもたっくんが楽しくやれればいいのかな。
(既に諦めムード)

昨日、たっくんが守っていたボールはその後引っ張りっことなり、ボロボロに。。。
blog7115.jpg

新聞を読んでいると、その上に寝るオルフ。
blog7116.jpg

たっくんは小さい子にも優しい。
blog7117.jpg

舌が出ているよ。
blog7118.jpg

バトル中。たっくん、口、でか。
blog7119.jpg

脱走

夜、宅急便屋さんが来て、荷物を受け取っている隙にオルフが脱走。
宅急便屋さんが門を開けっ放しで、「捕まえて!と言ったものの、スルリと抜けて外へ出てしまった。
サンダル履きだったので、靴に履き替え、リードを持って外へ出たものの、宅急便屋さんはどこへ行ってしまったのかわからず、
回りを探してみるものの見つからなかった。

この時は生きた心地もしなかった。
もし、交通量の多い道路へ飛び出したら?
小さいからどこへでも入り込める。

宅急便屋さんの後ろ姿を見つけ声をかけると、「あっちの方へ行った」と言われ、そっちを探したら、オルフがいた!
「オイデ」と言ったら、まっすぐに走ってきた。
(毎週、パピークラスで呼び戻しの練習をしていてよかった)
それで、御用となった。
勝手に玄関から降りることがないように教えてきたし、最近は降りることがなかったので、油断した。
宅急便屋さんも、「すみません、門を閉めなくて。これからは閉めます」と言ってくれたけれど、普通、配達で閉めないからなぁ。
宅急便屋さんに非はないし、それどころか仕事を放り出して探してくれたことに感謝の気持ちでいっぱい。
これからはこちらが十分注意しないと。
オルフは、勝手に降りなかったベルクとタクトとは違うってことを肝に銘じないとね。

オルフは、住宅街を走り回って、楽しかったみたい。
こんな楽しいことは、最初で最後だからね!!!

ボールを巡って。
blog7114.jpg
CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク