よいお年を

今日は、カブ&ファロが遊びに来てくれた。
タクトは、カブとよく遊んでいたけれど、そのうちファロのおもちゃを奪って、我が物顔で独占していた。
ズーズーしいヤツ。
ドッグランを走り回り、デッキでもプロレスをしていたね。
カブ&ファロが帰ったら、速攻でタクトは寝ていた。
blog2238.jpg
左から、ファロ、カブ、タクト。

blog2239.jpg
ファロ(右)とタクト。

blog2240.jpg
鹿さんのドアップ。

夜はお蕎麦を食べにいったが、こちらのお蕎麦屋さん、かき入れ時なのにお休みするお店が多く、
お店が限られてしまう。
以前行ったお店で無事お蕎麦を食べ、温泉に入って帰ってきた。
今は、紅白鑑賞中。

今年を振り返ると、いろいろあったのだろうけれど、ベルクのことしか思い浮かばない。
いつかはやってくる別れだけれど、本当にやってきてしまった。
やっぱり、そばにいないのは、どうしようもなく寂しいなぁ。
blog2241.jpg
カブ&ファロ家が持ってきてくれた安納芋を薪ストーブで焼き、ベルクにお供えした。
ベルクは、いつも一緒だからね。

今年一年、お世話になりました。
特にベルクの応援はありがたく、パワーをいただきました。
本当にありがとうございました。

よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト

中掃除

山荘も、大掃除ほどではないが、中掃除をした。
ベルクの使っていたベッドのカバーを東京へ持って帰って洗おう、と、
カバーをはずしたのだが、ふと、手が止まり、
「洗ったら、ベルクの匂いも毛もなくなっちゃう。。。」と、元に戻しちゃった。
洗ったら元に戻せないし、急いできれいにする必要はないもの。

元々、ベルクにはたいさん話しかけていたし、今も話しかけている。
そういう意味では、あまり変わらない生活を送っているかな。
ベルクのことをいっつも想っているし。

今日の散歩。
たっくんも、もちろん大切。
一人っ子満喫中。
blog2237.jpg



積雪

昨夜から雪が降り、一晩で20cmほど積もったので、30Cm以上の積雪!
除雪車が来るまでは、身動きできない状態だった。
朝からタクトはののちゃんとバトルをし、ドッグランでボール遊びをし、
犬橇の練習までさせられ(ほんの少しだったけどね~)、ぐったりだった。(笑)

ののちゃんと一緒の猫のGuriたんと急接近できたタクト。
前回までは、シャーと言われていたけれど、今回は何も言わなかったので、タクトも「あ、遊んでくれるのか~」と、
床をホリホリしたりして誘っていた。
(でも、通じなかったけどね)
鼻と鼻を突き合わせて挨拶もできた。
すごい進歩だね。
blog2233.jpg

blog2234.jpg

blog2235.jpg

blog2236.jpg

午後は知人がベルクに会いに来てくださった。
ベルクという一頭の犬が取り持ってくれた縁。
すごいね。
そんな兄を持つたっくんは。。。ぐったり寝ていたのでした。

山荘へ

山荘へやってきた。
外は-14℃、室内は-7℃。ひょえ~。
たっくんの息も白かった。

午後にはののちゃんが遊びに来てくれた。
タクトと本当によく遊んでいた。
そのあと、横谷渓谷を散歩。
たっくん、頑張って歩いた。
blog2229.jpg

blog2230.jpg

blog2232.jpg

山荘へは、もちろんベルクも一緒だよ。
blog2231.jpg

大掃除終了

大掃除、終了した。
ジムへ、運動納めに行こうと思っていたが、面倒になったし、
これからはいつでもいけるんだ、と思うと行く気が失せてしまった。
ま、いいか。ちょっとやり残した感じがして気持ち悪いけれど。

明日からベルク山荘へ行き、新年を迎える。
ベルクがいないのはとっても寂しいけれど、ベルクも大好きだった山荘には、必ずいると思う。
でもなぁ、今月初めに行ったのが最後になってしまうとは。
こんなことになるとは、夢にも思っていなかった。
やけに山荘が広く感じるだろうな。。。

たっくん、待ての最中。
もらえないオヤツから目を背け、やけに姿勢がいい。(笑)
blog2228.jpg

近況

ベルクが旅立ってから1週間以上経つが、意外と落ち着いている。
まだ、四六時中ベルクのことを思ってしまうが、あまりメソメソしていない。
もちろん、悲しいし寂しいし会いたいし抱きしめたい。
でも、やりきった感もあるし、ベルクも生ききったと褒めてあげたい。
先週のことを何度も振り返っているうちに、旅立つタイミングや状況って、
私の悲しみをできるだけ少なくしようとベルクが考え抜いたように思えてきた。
ベルクに愛されていたんだな、本当に大切に思っていてくれていたんだな、私こそ幸せだなって。
そんなベルクにもう会えないのはとても悲しいけれど、ベルクと生きることができたのは誇りだし、ベルクの愛情が背中を押してくれているような気がして。

アニマル・コミュニケータのローレン先生の影響も大きい。
動物はある指名や目的をもって現世にやってきて、それを終えると戻っていく。
ベルクの前世も現世にやってきて目的も聞いているので、それを終えて戻っていったのだな、と感じる。
だから、ベルクがいなくなったことを受け入れやすいのかもしれない。

この先、山荘へ行ったとき、新年を迎えたとき、誕生日を迎えたとき、そこにベルクがいないことはたまらなく寂しいだろうけれど、きっとそばにいてくれると思う。
心穏やかに懐かしく思い出すにはまだ時間がかかるだろうが、少しずつ前進している気がする。

こんな癒やし系もいるしね。
ベルクは、こんな甘ったれたっくんに何か託したのかな。
今度、ローレン先生のACを受けるので、聞いてみようかな。
blog2227.jpg

散歩

散歩の時、あるおうちの方が「可愛いわね~」と声をかけてくれた途端、タクトはまっしぐら。
話をしていると、たっくん、玄関先でゴロゴロ。
し、信じられない。
しかも、シャンプーしたばかりなのにぃ。
blog2226.jpg

その方、「もう一頭いなかった?」って。
ベルクのことを知っていてくれるのはうれしいけれど、報告するのはちょっと悲しい。

初七日

早いもので、今日で初七日。
まだ、ベルクが旅立ったという実感がなくて。
ひょっこり戻ってきそうな気がして。

世間はクリスマス。
今年は何も用意しなかったなぁ。
タクトの散歩には小さくなったベルクも一緒。
これからは、いつも一緒だからね。
blog2224.jpg

で、タクトは本当に何か感じているのかなぁ。
お気楽に寝ているんだけれど。
blog2225.jpg

夢のよう

一週間前の今日、ベルクは突然痙攣を起こし、入院したんだっけ。
「容態が急変」という言葉で括られてしまうのだろうけれど、
ん~、未だにストンと体に入ってきていない。
受け入れることができない、というか。
夢だったらいいのに。

ちょうど大掃除の時期なので、大掃除をしてベルクに思いがいかないようにしている。
まぁ、それでも防ぎきれない時はあるけれど。

タクトはシャンプー。
フワッフワで帰ってきた。
お正月は、今の状態で迎えてね。
blog2222.jpg

blog2223.jpg
今日もお花が届いた。
ありがとうございます。

淋しい

年賀状を投函した。
いつもなら、一筆添えるのだが、今回はどうしてもその気力がわかず、印刷のみとなってしまった。
申し訳ないです。。。

大掃除もしたし、タクトの散歩も時間を気にすること無く2回行った。
何もしていないと、ベルクのいない寂しさに押しつぶされてしまいそう。
ベルクがいない、ということが理解出来ない。
日本中一緒に旅行し、いつも一緒にいたのに、そのベルクがいない?
あり得ないよ。。。

名残

今朝は少しのんびり起きた。
もう、ベルクの点滴タイムを気にする必要はないから。。。
気は楽になったけれど、寂しいね。。。

気を紛らすためにも、ストップしていた大掃除を再開した。
でも、部屋のあちこちにあるベルクの介護用品を見ては、手が止まってしまう。
冷蔵庫を開ければ、ベルクの為に作ったカッテージチーズや鶏ガラスープが目に入ってしまう。
ベルク用のサプリやハーブ。
どうしろと言うんだ。。。

いっぱい余ってしまった点滴用の輸液と針を、病院へ寄付しにいった。
もう返品はきかないそうな。
でも、うちにあっても仕方がないので、病気と闘うワンコに使ってもらうことにしたのだ。
blog2219.jpg

点滴だって、介護だって、食事だって、サプリだって、まだまだ続くと思っていたのに。
こんなにも早く不要になってしまうなんて。
世間はクリスマスでも、そんな気分にはなれないな。
今年は、ケーキもなしだな。

夜、ハスキーのののちゃんが来てくれた。
タクトは久し振りに遊んでいた。
しばらく、遊ぶなんてなかったものね。よかったね。
ののちゃんが帰って振り返ると、既にタクトは行き倒れのように寝ていたのだった。
blog2220.jpg
ブレブレの写真しか撮れず。。。

blog2221.jpg
今日もお花が届きました。
本当にありがとうございます。

お空へ

ベルクと過ごす最期の夜。
意外と落ち着いていて、「ありがとう」という感謝の気持ちをいっぱいいっぱい語りかけた。
でもね、朝になり、あと○時間でお別れ、と思った途端、哀しみが押し寄せてきた。
抱きしめて「ベルク、ベルク。。。」って。
もうベルクを抱きしめることはできなくなるもの。

それでも、お棺が届く時間が近づくと、「ちゃんと送り出さなきゃ」とシャキン。
(木製を予約し、事前に届けてもらうことができた)
ゆっくりお花やオヤツを入れて、心を込めて送り出す準備をした。
ベルク、本当にありがとうね。大好きだよ。

blog2216.jpg
blog2217.jpg

天気はお昼前から雨という予報だったが、小雨がぱらついたり青空が見えたり。
ベルクは、まっすぐ天へ昇っていったかな。

お骨は分骨をした。
1つは私が常にベルクといたいので持ち運びできるように少量を。
もう1つは、ベルク山荘へ行くとき、ベルクも一緒に行けるように。
これからも、いつも一緒だからね。

家に帰りしばらくすると、お花が届く、届く。。。
すごいね~、ベルク。
ありがたいことだね。
blog2218.jpg

タクトは、お花が届くたびに、「ボクへのオヤツですか」とチェックに忙しかった。
ざ~んねん!

なんか、タクトと触れあっている時が悲しくなってしまう。
あぁ、タクトは一人っ子になっちゃった、ベルクはもういないんだって。

ベルクがいないって信じられない。
だって、16年近く一緒にいたんだもん。
ベルクに会いたい。
ひょっこり、「ただいま~」って帰ってこないかな。

感謝

ブログやFBへのコメント、メール、電話、ありがとうございました。
友人がお別れを言いにやってきてくれました。
お花もたくさん届きました。
こんなにたくさんの人に、ベルクは愛されていたのですね。
blog2213.jpg

まとまってはいませんが、退院してからのことを書きます。

自宅に戻ってもずっと眠っていたが、夜中の1時頃から舌を動かし始め、目も大きく開くようになった。
舌の動きは無意識だったようだが、このチャンスに、と水分やアイスクリームやニュートリカルを舌に触れるようにしてみた。
水分は指を濡らして口に入れると、舌で舐めてくれた。
量としてはたいしたことはなかったけれど、飲まず食わずだったので、少しホッとした。
そのあとは、声を出すこともあったが、舌を出したまま、また眠ってしまうこともあり、
それを見るとこのまま逝ってしまうんじゃないかって何度も思ってしまった。
ここまで頑張ってきたベルクに「頑張れ」って言えなくて、撫でながら「偉いね~、すごいね~、幸せだな~」って声を掛けていた。
夜はずっとそばにいた。
ベルクに手を置いたまま寝てしまったこともあったけれど、はっと目が覚めるとまず呼吸を確認した。
痙攣発作は起きずにそのまま朝を迎えた。
blog2214.jpg
おはよう、ベルク♪

午前中は、MRIを撮るため病院へ。
久しぶりにカートの登場だ。
blog2215.jpg

病院にベルクを預けてひとまず帰宅し、その間にタクトの散歩へ行った。
お昼前に電話があり、「肝臓腫瘍が脳に転移したり、浮腫は認められなかった」とのことで、迎えに行った。
結局、脳には問題がなかったので、痙攣発作の原因はわからなかった。
これからは、薬で調整しながら様子を見ていくことになった。
カートに乗ってはいたが、久し振りの外。
風を感じてくれたかな。

家に帰ってまずは点滴。
針を刺しても「イタイ」って文句を言ってくれなかったので、ちょっと寂しかったな。
その後もずっと眠っていて、大好きなチーズを鼻先に持っていても反応してくれなかった。
時々、心臓付近を触るんだけれど、鼓動が小さくなっていくのがわかって、もう動かなくなってしまうのかな、という感じはしていた。
目を開けたまま寝ていたのだが、なんか、目の様子が、逝ってしまうのが近いような、そんな感じに変わってきていて、いや~な感じはしていたのだが、でも、これからのプラン(抗てんかん薬の量を減らして、起きている時間を増やしてご飯を食べられるようにする)を考えていた。
当然、できるものだと思っていた。

呼吸もしていたし、安心していたが、ゲップのような音がしたので、「あれ?」とお腹を見たら動いていなかった。
その時、ちょうどベルクパパが帰ってきて「呼吸していない!」と言うと、ベルクパパが心臓に耳を当てて「止まっている」と。。。
すると、鼻や口から茶色の液体が流れてきた。
おびただしい量。。。
もともと、病院へ行く予定になっていたので、すぐに電話。
「蘇生は難しいけれど、連れてきてください」とのことで、すぐに病院へ向かった。
病院では、一応モニターで心拍とか確認してくれた。
胃にあるものが出てきたということで、きれいにしてくれた。
1年以上もお世話になった先生にお礼を言って、ベルクを連れて帰ってきた。

最期は、私の腕の中で、最期の鼓動を聞くんだ、
ベルクの最期をそうやって見届けるんだって、決めていたのに、
ベルクは自分で最期を決めて逝ってしまった。
何でも自分で物事を決めてきたベルクらしい最期だった。

「テリー先生と写真を撮りたい」という私の希望を叶え、
あの時、お世話になった先生方にも挨拶することができて、
もうやることはすべてやった、と思ったのかな。
退院してきた晩はずっとそばにいたし、
午前中はカートで一緒に外を歩いたし、それも満足してくれたのかな。
私としては、16歳をどうしても迎えたかったんだけどね。

でも、ベルクは十分すぎるほど頑張ってくれたし、
私も後悔は何もない。
去年の10月に生死の間をさまよい、そこから復活してからの日々は、神様のプレゼントだと思って、
1日1日を大切に過ごしてきた。
よく、私の看護はすごい、と言ってもらえるが、
当然のことをしたと思っている。
毎日毎日留守番を我慢してくれたこと、
嫌いな競技会につきあってくれたこと、
ベルクがずっと私と頑張っていろんなことにチャレンジしてくれたこと。
そのことを思えば、看護が大変だとかちっとも感じなかった。
今までのベルクに対し、今度は私が尽くす番だもの。
もっともっと長くてもよかったのに。

日本全国を旅行したよね。
楽しかったね。
あの頃に戻りたい。

明日の10時半から火葬です。
今夜もずっと一緒。
ベルクの感触、ベルクの姿を脳裏に焼き付けなきゃ。

ありがとう、ベルク

ベルクは、本日18時45分、ベルクパパの帰宅と同時に、天国へと旅立ちました。
15歳11ヶ月1日でした。
今までの温かい応援、励まし、ありがとうございました。

blog2212.jpg






お帰り

昨夜は病院からの連絡はなく、容態の急変はなかった。
午後、病院へ行き、先生から報告や説明があった。
明け方にまた痙攣があったこと
今は薬で眠っていること
心臓が弱ってきていること
オシッコはちゃんと出ていること

30分毎に呼吸数をカウントしたり、寝返りを打たせたりしてくれて、
すごく管理をしてくれていた。
そういったところから連れて帰るのは迷ったけれど、
やっぱり通うには遠いし、意識がなくてもひとりぼっちにはさせておきたくなかったので、
かかりつけの病院へ転院させることにした。
いろいろな検査結果や処置について、細かくまとめてもらい、
移動中に痙攣が起きたときの処置も教えてもらって、転院した。

そのままかかりつけの病院へ行き、脳に異常があっての痙攣かどうかをMRIで検査することにした。
もし、脳に異常があって脳圧が上がっているのなら、脳圧を下げることによって痙攣をコントロールすることができるかもしれない。
たまたま今は意識がないため、全身麻酔をする必要もない。
MRIで原因がわかり治療方法が見つかるのなら、トライしてみようと思う。

抗てんかん薬や造血剤を投与し、ベルクを連れて帰ってきた。
今のところは痙攣は起きていないが、目も覚まさない。
食べていないので、体重も減っていっている。
今日はちょうど15歳11ヶ月。
あと1ヶ月で16歳なんだけどなぁ。
数日前までは、迎えることができると疑いもなかったが、
今は、正直厳しいと思う。

ベルク、お帰り。
もう、病院でひとりぼっちにさせないからね。
おうちでのんびり過ごそうね。

blog2210.jpg

blog2211.jpg

痙攣と入院

お昼まではいつもと変わりはなかったのに、
お昼の点滴をし、ご飯を食べ、一息したら、突然痙攣が始まった。
数年なかったてんかん?
でも、てんかんのときはすぐに終わったのに、今日は終わらない。
ベルクパパは会社。。。
かかりつけの病院は休診日だし、午後でどの病院も診療時間外。。。
結局実家に電話をし、父に来てもらい、24時間OKの病院へ連れていった。
痙攣は2時間くらい続いてしまった。
病院で薬で痙攣を止めた。(眠らせている)
その後落ち着いたが、いつ、急変するかはわからない。
痙攣の原因はわからないし、肝臓の腫瘍もかなり大きくなっているし、非常に厳しい状態。
ICUでしっかり管理してくれているので、夜間でも急変しても対処はしてくれる。
家に連れて帰るか、入院させるか。
迷った。本当に迷った。
入院しても、3~4割は亡くなる可能性があるとのこと。
最期は自宅で看取りたいし、ベルクもそれを希望している。
でも、環境は病院の方が圧倒的にいいし、自宅で痙攣が起きたらちゃんと対処できる?
会社を早退し、病院へ来たベルクパパと相談し、今晩だけは病院にお願いすることにした。
午後、あれだけのひどい痙攣を起こし、落ち着いたからと言って自宅につれて帰るのは怖かった。
もう少し、病院で様子を見て欲しかった。
病院には、夜中でも容態が変わったら電話をしてくれるよう、頼んだ。

緊急病院は、自宅からはちょっと遠い。
通院のことを考えると、かかりつけの病院がいい。
明日、ベルクの容態にもよるが、かかりつけの病院へ連れていく予定。

明日はおうちへ帰るから。
もう入院なんてさせないから。
だから、それまで頑張って、ベルク。
愛しているよ。

blog2209.jpg



振り返って

楽しみにしていたテリー先生のセミナーはあっという間に終わってしまった。
ゲーム大会は特に楽しかった。
タクトが予想外に頑張ってくれたのでゲームを楽しむことができて、チームとしての一体感も感じることができた。
blog2206.jpg
お絵かきでタクトが書いた絵。
なかなかのタッチ?

blog2207.jpg
テリー先生からいただいたクリスマスプレゼント。

blog2208.jpg
離さない。。。
よかったね。

ベルクの待機場所も配慮していただき、問題なく過ごすことができた。

さぁ、これで年内のイベントは終了。
これからは大掃除と年賀状だ。

クリッカートレーニング

今日は昨日に引き続きテリー先生のセミナー。
テーマはクリッカートレーニング。
あっと言う間に定員に達した人気のセミナー。
私なんぞ、申込み開始前からPC前にスタンバイし、開始と同時に申し込んだのでした。
タクトは昨日ほど出番はなく、クレートでずっと寝ていた。
本当にずっと。
他の参加者から「大人しいわね~」と言われたけれど、単に昨日の疲れがとれず、寝ていただけです。
blog2205.jpg
クレートの上からみたところ。爆睡中。

セミナーは明日まであるが、平日だし(運転手はお仕事)、内容もプロのインストラクター向けなので、今日帰ってきた。

ベルクは、テリー先生と一緒に写真を撮れたし、昔からお世話になっている先生にも会っていただけた。
撫でられるのがいやなことを知っていながら、いっぱい撫でられ、文句を言っていた。
今回の宿泊についても、配慮をしていただき、ベルクはいろんな方に支えられているなぁ、と、あらためて実感した。
本当にありがたいことだ。

クリスマス・ゲーム大会

テリー・ライアン先生が来日され、AFCでセミナーが開催されている。
(優良家庭犬普及協会とAFC共催)
1日目の今日は、クリスマス・ゲーム大会が行われた。
「ゲーム大会」と言っても、日頃のトレーニング成果が現れるもの。
テリー先生が考えられるゲームは、頭を使い、とても為になる。
お絵かき、楽器演奏、コスチューム大会ほか、いろんなゲームをやった。

blog2200.jpg
以前、ベルクで汚れたので、タクトは完全防備。
と、タクトにばかり注意していたら、タクトの振り下ろした足が私の腕に。。。
洋服が汚れた。

blog2201.jpg
お絵かき中。

blog2202.jpg
カスタネットを選ぼうとしたのに、タクトはドラムを選択。
足でタッチしてドラムの音を出すことができ、ドラマーとしての素質を見せたのだった。

blog2203.jpg
最初は、この格好。それほど嫌がっていない。

blog2204.jpg
ひげをもっと前に出したほうがいい、というアドバイスで付け方を変えたら、一気にブルーに。(笑)

ベルクと既に経験したゲームもあったが、相棒がタクトとなると簡単にはいかない。(笑)
反応も当然ベルクとは違うし、タクトは真剣にやっているのに、それがウケたりして、楽しい1日を過ごすことができた。

1日目が終わり、たっくん、ぐったり。
明日もセミナーがあるのだが、たっくん、一晩寝ても、復活は。。。しないだろうな。

アイドル

散歩へ行くと、おばさま方にタクトは大人気。
誰にでも撫でにもらいに行くので、可愛がってもらえる。
冬毛でモコモコだし、撫でなくても、すれ違う時に、
「すごい」「きれい」「暖かそう」「りっぱ」とつぶやいているのが聞こえる。
かなり目立つらしい。

いろんな方にモフモフされ、出会うわんとは遊ぼうとするし、散歩時間は予測ができない。
兄ちゃんのことが気になるのに。。。

さて、土日はAFCで、テリー先生のセミナーがある。
3年ぶり。
ベルクはコテージで寝ているけれど、是非ともジムへ連れていって、テリー先生に会っていただきたい。
3年前の時は、またこんな機会が訪れるとは思っていなかったなぁ。

今日はその準備で大忙しだった。
トリーツ用にチーズをカットしていたら、ポロっと床に落ちた。
すぐそばで見ていたタクト。
突然目の前にチーズが落ちてきて、一瞬固まった。
想定外のことが起きると動けないらしい。
あっと言う間に食べちゃうと思ったのに、意外。

期日前投票も済ませた。
あとは忘れ物のないようにしなくちゃ!

偶然

夜中から雨が降るという予報だったが、朝起きても青空。。。
ま、予報がはずれたおかげで、タクトの散歩へ行くことができた。

散歩では、夏の早朝散歩のときに会ったレンテちゃんと会うことができた。
昨日はお姉ちゃんのマロンちゃんとも会ったし、すごい偶然が続いた。
また、会えるといいね。
blog2199.jpg
「あたちはまだ9ヶ月でしゅ」

ベルクさん、今日はお昼を少し残したが、それ以外は自分で食べた。
食べるなら、といろいろあげると、お腹がすかずご飯が入らないみたい。
食べられる量も減ってきているしね。
食前は何もあげないと、ご飯を食べてくれる。
ご飯が最優先なので、ご飯以外のものは考えてあげなくてはね。

とうとう

ベルクさん、お昼ご飯を拒否した。
朝と夜は食べてくれたけれど、お昼はイラナイって。
スプーンで口に入れて食べさせたけれど、自分で食べて欲しいなぁ。
1ヶ月半くらい自分で食べてくれた。
それ自体が奇跡のようなものだけれど、もっと続いて欲しい。
難しいのかなぁ。

今日は検査の日。
腎臓系は横ばい、カリウムも変化なし(こんなに努力しているのに)。
貧血は進んだので、造血剤の注射と鉄剤の投薬開始。
やや心配なのは、リンの若干の上昇と総たんぱくの減少だそうだ。
まぁ、いろいろ出てくるか。
(と、大きく構えていられればいいけど、それがなかなか。。。)
体重は16.9kg。相変わらず16kg台をキープしているぞ!

日なたぼっこ

今、ベルクに不足しているなぁ、と感じていることは、お日様にあたっていない、ということ。
散歩へ行かなくなったし、病院へ行くのも夜。(運転手が帰ってきてから)
週末出掛けるときも、特に日に当たることもない。

カートに乗せて外へ連れていこうとも考えたが、平日だと私しかいない。
体に力が入らなくなったベルクを抱き上げてカートに乗せるのは大変。
ベルクより重いタクトを抱き上げることはできるのだが、脱力し、首も据わらないベルクを抱き上げる方が恐らくキビシイ。

でもなぁ、お日様に当てたいなぁ、と、日の当たる窓際にベッドを置いて、そこへ寝かせてみることにした。
腰を痛めないよう、ベルクを落とさないよう、慎重の上に慎重を重ねて。。。
出来ましたよ。
元々ここは、ベルクが留守番をしていた場所。
これからも天気のいいときは、ここで寝ようね。
blog2197.jpg
顔はちょっと影があたって見えないけれど、日光浴中。

blog2198.jpg
反対側もね♪

大掃除

今日からボチボチ大掃除を開始。
今年もあと3週間ちょっと。
最後の週は山荘へ行きたいので、なるべく早く大掃除を済ませたい。
仕事をしていたときは、仕事納めから大掃除をしていたので大変だったが、
今は時間があるので、少しずつ分散型でやることができる。
計画も立てた。
あとはその通りにやるだけ。(ってそれが大変なんだけど)

散歩ではパグのタケちゃんと2回も会った。
大きさは違うけれど、激しく遊ぶ。
たっくんは、大きさ問わずウェルカムなんだな。
そこはいいところだよね~。
blog2195.jpg

そして、家に帰れば寝る。
毎日、ハッピーだよね。
blog2196.jpg
そんなにおもちゃにくっついて寝なくても、誰もおもちゃを取りませんよ。

快晴

朝から気持ちのいい青空が広がった。
最低気温は-10℃。
寒かったが、薪ストーブでポカポカ。

ベルクは、日射しの入る場所へベッドを移動した。
散歩へ行けなくなり、なかなかお日様にあたる機会が減ってしまっている。
できるだけこういった機会を利用しようね。

タクトは散歩へ行ったりボール遊びをしたり、焼き芋をもらったり、で充実した時間を過ごしたかな。(笑)
ボールを投げると探しに行き、見つけるとその場で一人遊んでいた。
で、疲れると、雪の上で休憩。
その繰り返し。
本当に戻ってこない。
そ、そんなに楽しいか?(笑)

blog2194.jpg
散歩にて。まぶしいらしい。

この時期になって、ようやく中央道の渋滞も減ってきたので、帰りは中央道で帰ってきた。
いつもと同様、温泉と夕食も済ませてね。

次回の山荘は年末。
去年は、まだ点滴を病院でやってもらっていたので、山荘地域で病院を見つけ、そこへ通ったっけ。
今は自宅点滴なので、その必要はなくなった。
みんなで山荘で新年を迎えられるよう、ベルクをしっかりケアしなくちゃ。

初雪~

山荘へやってきました。
中央道の諏訪~がチェーン規制となっていて驚いたが(我が家には関係なかったけれど)、
高速下りてしばらくすると雪が降ってきた。
子供のように大興奮。
山荘周辺はしっかり降っていた。

当然、寒い。。。
すぐに薪ストーブに火を入れた。

タクトは大喜びでボール遊びをしていた。
投げたボールを見つけても、しばらく後ろに蹴って一人遊び。
全然戻ってこない。
雪がないと、早く戻ってくるんだけど、雪だとず~っと一人で遊んでいる。
投げたボールが雪に埋もれても、鼻を使って絶対見つけ出す。
この時だけは頑張るたっくん。
blog2191.jpg

blog2193.jpg

ベルクは、気持ちよさそうに寝ていた。
いくらサモとは言ってもご老体なので、冷えすぎないようにしなくちゃ。
blog2192.jpg

それにしても寒い。

ケアの日

今日はベルクのケアの日。
Tタッチやマッサージ等、やってもらった。
毎日見ていると気づかない変化や感じることを言ってもらえるのがとてもありがたい。
今はだいたい隔週でお願いしている。
blog2189.jpg
いい表情しているね!

タクトはいつものように大喜びしたあと、コロっと寝てしまった。
ケア中サークルへ入れているので、今日は自主的に入って寝ていた。

blog2190.jpg
散歩中。

週末は山荘へ。
タイヤはスタッドレスに交換した。
雪が積もっているらしい。
初雪だなぁ。
楽しみだ。

間食

最近のベルクは、朝はご飯を食べるが、お昼、夜と残すことが多かった。
朝からパクパク食べるのが意外だったが、ふと、思いついて、お昼と夜の前に、何も食べない時間を十分取ったら、完食したのだ。
少しでも食べて欲しくて食べさせていたが、お腹があまり空かなかったのかもしれない。
もう食べることの出来る量はあまり多くはないだろうし。
とは言っても、ご飯だけではカロリー不足なので、チーズや卵、レバー等で補う必要がある。
あげるタイミングを考えていかなくちゃ。

タクトの方が間食はほとんどしない。
もともと材料に「?」のある市販オヤツはあげたくないからなぁ。
タクトだったら、どんなに間食してもご飯も完食するのだろうけれど。

ポーズ

今までベルクと出掛けた時の写真を見ていて、気づいた。
ベルクはポーズを取ってくれていた。
hokkaido224.jpg



別に教えなくても、足をかけたポーズを取り続けてくれた。
同じことをタクトにやらせようとすると。。。無理。
すぐ足を下ろしてしまう。
ポーズに限らず、ベルクは、教えなくても察して望んでいることをやってくれた。
タクトにそれを望むのは無理なんだなぁ。
教えたってできないもの。
ベルクが出来すぎたのだろうか。

とは言っても、最初から諦めるのではなく、努力はしてみよう、と、ポーズを取らせてみた。
何度か繰り返したら、やっとここまではできるようになった、
まだ目線がいまいちだけれど、カメラを見ようとしている努力は伝わってきた。
ま、ボチボチ慣らしていこうね。
blog2188.jpg

暑いか?

朝から気持ちのいい青空が広がり、タクトの散歩も絶好調。
あまり匂いチェックもせず、ガンガン歩くので、体温上昇。
私も温かくなったけれど、タクトは横舌になっていた。
あ、暑いかぁ?(笑)
blog2186.jpg

最近、ベルクに温湿布をしている。
ベルクと向き合っている時間がとても幸せで大切だなぁ、と感じる。
こういった時間がずっと続くといいな。
blog2187.jpg
ベルクの足が触れようと、全く気にとめないたっくん。
CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク