FC2ブログ

検査結果

肝臓エコーを撮ったところ、
肝臓ガンの疑いが強い、という診断結果だった。
本当にガンかどうかは、手術で病巣を取り出し、検査しなければならない。
もう14歳のベルク。
全身麻酔をするつもりはないし、たとえガンだと確定しても、
摘出手術をするつもりもない。

犬の死因も、ガンは高いから、
いつかはなるかも、という思いはあった。
やっぱり、避けられなかったか、という気持ちかなぁ。

そうは言っても、ショックはショックです。
できれば、老衰で苦痛なく逝かせてあげたい、とずっと思っていたから。

今は自覚症状はないし、元気は元気。
ガンと上手につきあっているわんこはたくさんいる。
ベルクにだって、できるはず。
発作だって、1年近く起きていない。

今後どうなるかわからないけれど、
サプリや食事等で、できる限り今の状態を維持してあげたいと思う。
穏やかな日々を過ごさせてあげたい。
スポンサーサイト



CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク