FC2ブログ

比較してはいけないんだけど

オビに関して、牛歩の歩みのタクト。
ふと、今頃(2歳8ヶ月)の時のベルクはどうだったっけ、と、調べてみた。

ベルクが、いわゆるしつけ教室に通い出したのは、2歳を過ぎてから。
それまでは、な~んにもしていなかった。
でも、2歳9ヶ月で、JKCの公開訓練試験のCDⅠに合格し、
5ヶ月後の3歳2ヶ月の時には、CDXにも合格していた。

ベルク兄ちゃんが、CDⅠに合格した月齢まで、タクトはあと1ヶ月。
。。。1ヶ月後にタクトが合格できるわけがないし、
とーぜん半年後にCDX合格なんて、夢のまた夢。。。

タクトは、パピーの時から、教室に通っているのになぁ。
ベルク兄ちゃんが別格なのか。

そ、それでも、10月のGCTのジャッジには、最近はよくなってきた、と言ってもらえた。
「あの時は、どうなるかと思った」って。
牛歩であろうと、進歩はしているのかな。

それに、タクトを弁護するわけではないが、
ベルクの時は一人っ子だから、ベルクにだけ専念することができた。
今は、そういうわけにはいかない。
練習時間がずっと少ないのは事実。。。

まぁ、タクトを迎えるにあたり、一番望んだことは、
人にも犬にもフレンドリーである、ということ。
それは、今のところ、達成していると思う。
だから、満足していいはずなのに、人間の欲望はキリがないのだな。

タクトはタクトのペースで構わない。
ベルク兄ちゃんより時間がかかるのも、わかっているし。
それにしても、だ。
未だに、きちんとヒーリングができず、1歩進んではオスワリ、の繰り返し。
1歩を3歩、3歩を5歩、と増やしていくのだが、
GCTや試験のコースの距離を歩けるようになるのは、いったいいつになるのやら。
考えただけで、クラクラとめまいがしてきそう。。。
スポンサーサイト
CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク