御泉水自然園

山荘の近くに泊まっているMOMO家から連絡があり、今日は一緒に御泉水自然園を散歩した。
三連休ともあって、駐車場には車がいっぱい。
今までで一番停まっていた。
ここは標高が高いので、それほど暑くはなく、木陰だと風が心地よかった。
のんびり歩いて、1時間ほどで駐車場に戻った。

Guriたん、確認中。
blog6564.jpg

山荘の自室ですっかりくつろぐGuriたん。
blog6565.jpg

シンクロ。
blog6566.jpg

blog6567.jpg

blog6568.jpg

blog6569.jpg

blog6570.jpg

blog6571.jpg

blog6572.jpg

イイコのGuriたん。
blog6573.jpg

猫だって歩く。
blog6574.jpg

そして、「陶仙房」でランチした。
テラスはペットOK。
そばは川が流れているし、木陰でちっとも暑くなく、とってもよかった。
料理もおいしかった♪
blog6575.jpg

blog6576.jpg

blog6577.jpg

ここでMOMO家とお別れし、山荘へ戻った。
14時頃で高速はかなりの渋滞。
しばらくのんびりして、夕方になってから関越経由で帰ってきた。

東京は、覚悟はしていたけれど、めちゃくちゃ暑い。
明日からの早朝散歩も、外へ出たとたん、むっとするのだろうなぁ。
いつまで続く、この暑さ。
(まだ、7月半ば。。。)
スポンサーサイト

BBQ

今日はお友達が山荘まで遊びに来てくれて、BBQをした。
まずは、サモーズを放牧。
と同時に、メンズがBBQの準備を開始してくれた。
(焼き係もありがとうございました)
飼い主は、おしゃべりして、おいしいものを食べ、サモーズもおやつやスイカを食べ、大満足だった。
が、午後になると雷が鳴り出しのは予想外だった。
雨も降ってきた。
雷が怖い子は車に避難したりして、通り過ぎるのを待った。

夕方にはやんで青空が広がった。
なんとか復活出来た子も、出来なかった子も、最後に記念撮影をした。

BBQの準備から何から何まで、ありがとうございました。
ちょっと遠いですが、また、遊びに来てください。

blog6555.jpg

blog6556.jpg

たっくん、楽しいね。
blog6557.jpg

レオンくん。
blog6558.jpg

バニラちゃんとたっくん。
blog6559.jpg

blog6560.jpg

レイくんとレオンくん。
blog6561.jpg

blog6562.jpg

バニラちゃんとのツーショット。よかったねぇ。
blog6563.jpg

北八ヶ岳山麓

今日は大河原峠へ行き、北八ヶ岳山麓をトレッキングしてきた。
元々5月に行く予定だったが、大河原峠への道路が冬期通行止めで断念した。
(GW前には冬期通行止めは全て解除されると思っていた)
今日は7時に大河原峠の駐車場に到着すると、既に沢山の車が停まっていた。
ここから北八ヶ岳へ登山するのだろうな。

八ヶ岳は初級者には厳しいので、登頂は避けて山麓をトレッキング。
事前に念入りにリサーチし、コースを決めておいた。
登頂はしないとは言え、山を歩くのだからアップダウンはあるし、岩場もあってそれなりに大変だった。
3時間、今日もよく歩いた。
たっくん、頼もしいね。

さぁ、出発ですよ。
blog6487.jpg

駐車場は既にかなりの車が停まっていた。
blog6488.jpg

ところどころ、水たまり。
blog6489.jpg

天祥寺原。ここから双子池方面へ向かう。
blog6490.jpg

双子池の前に亀甲池。
blog6491.jpg

blog6492.jpg

別の場所から亀甲池。
blog6493.jpg

双子池へ向かう道はところどころ大変。
blog6494.jpg

blog6495.jpg

たっくん、頑張る。
blog6496.jpg

どんどん頼もしくなっていくね。
blog6497.jpg

双子池の雌池。
blog6498.jpg

blog6499.jpg

こちらが双子池の雄池。
blog6500.jpg

雄池は飲料水なんだそうな。
だから、「ペットはそこから入らないで」とヒュッテの人に注意された。(どこにも書いてなかったけれど)
男の子が石を投げていたら、それもやめさせられていた。
いっそのこと、池のまわりに囲いを作って、立入禁止にしたらどうでしょう?
そうすれば、見張っている必要もない。

blog6501.jpg

blog6502.jpg

いよいよ最後の一踏ん張り、双子山の頂上へ。
blog6503.jpg

バックに蓼科山♪
blog6504.jpg

そして下山したが、振り返るとこんな道を歩いていた。
石がゴロゴロしていて、歩きにくかった。
blog6506.jpg

駐車場が見えると、ほっとした。
blog6505.jpg

時間は早かったが、ランチを「小梨の木の下」で済ませた。
デッキはわんこOKなのだ。
風が気持ちよく、たっくんは早々に寝ていた。
お昼頃山荘に戻り、あとはまったり。
風が本当に気持ちよかった。
エアコンも扇風機もなくて過ごせるなんて、贅沢だよなぁ。
(東京は暑いんだよね)

夕方、山荘を出てのんびり帰ってきた。
中央道はもちろん渋滞していたので、関越を通って帰ってきた。
このルートは久し振りだな。

私はこの2日間で虫に20箇所近く刺された。
ブヨではないが(腫れていない)、蚊でもなさそう(蚊より痒みがひどい)。
山歩きの時は虫除けスプレーをしていたが、時間が経って効果が無くなったのか。
室内でも刺された気がするし、もう痒くて悲惨。。。

横谷峡

朝ご飯を早めに食べて、横谷峡をトレッキングしてきた。
横谷峡は何度も行っているが、まだ行ったことのない「おしどり隠しの滝」を見に行った。
横谷峡入り口から歩くととても長いので、横谷観音入り口からスタートした。
ここの駐車場は、犬橇練習の時に来るので、雪のないシーズンに来たのは本当に久しぶり。
公衆トイレが使えるようになっていた。
(冬期は使えずシャッターが降りている)

「おしどり隠しの滝」は水量もあってよかった。
たっくんは、板が怖かったようだけれど。
30分もかからないで着いたし、穴場だなぁ。

blog6370.jpg

こんな橋も渡れるようになった。
blog6371.jpg

怖くて板の上ではお座りできず。
blog6372.jpg

たいして歩いていないので、そのまま帰るのではなく、王滝の下まで行ってみることにした。
展望台からは見たことがあるけれど、遠いのでね。
横谷峡で一番スケールの大きい滝。
これまた近くまで行ってよかった。
(川を渡れば滝壺まで行けるようだが、水の流れがすごくて転びそう)
blog6373.jpg

王滝全景。
blog6374.jpg

王滝の下の流れ。
blog6375.jpg

狭い岩の間も通ることができた。
blog6376.jpg

blog6377.jpg

横谷峡の入り口は、いつも車で通っている。
近すぎると帰っていかないもの。
今日、横谷峡のよさを再認識した。

一度山荘に戻り、それからお昼を食べに、蓼科湖畔にある「やまなみ」さんへ。
ここのだし巻き卵は名物だそうで、それも注文。
美味しかった。
blog6378.jpg

お腹いっぱいになったいもかかわらず、デザートと食べに「ちゃいぶ」さんへ。
(別腹)
またまたデザートの盛り合わせを食べてきた。
(今度こそ、本当にお腹がいっぱい)
blog6379.jpg

blog6380.jpg

何かを期待して店内を見つめているたっくん。
たっくん用には何もオーダーしていませんよ。
blog6381.jpg

blog6382.jpg

blog6383.jpg

ちゃいぶさんのランにいても、「帰ろう」アピールが凄かったので、山荘へ戻ってきた。
とにかく寝たいらしい。
着くと速攻で寝ていた。
(気が付くと、ベルクパパも)

いつも通り、夕方山荘へ出て、温泉と夕食を済ませて東京へ帰ってきた。
天気に恵まれ、土日とも滝巡りをして充実した時間を過ごすことができた。

焼山滝

今日は3時に起きて4時に出発。
まずは山荘にやってきて荷物を下ろして、焼山滝を見に行ってきた。
この滝は、焼山登山口から美ヶ原高原へ至る登山道にある。
このコースで美ヶ原高原へ行く人は滅多にいないようで、今日も誰とも会わなかった。
沢の音、鳥の鳴き声、熊除けの鈴の音だけが耳に届いてきた。

道は基本的には上り。
整備されてはいたが、何回か沢を渡る時があり、水量が多くて渡れないのでは、と感じたところもあった。
(沢に落ちることなく、無事に帰ってくることができた)
岩もゴロゴロしていて足場が不安定だったりもしたが、転ぶこともなかった。
blog6351.jpg

blog6352.jpg

blog6353.jpg

blog6354.jpg

この岩の上を渡ったが、怖かった~。
blog6355.jpg

blog6356.jpg

倒木が道を塞いでいた。
たっくんには影響なしだったが、人間の方が大変だった。
blog6357.jpg

雄叫び中。
blog6358.jpg

こんな段差、何のその。
blog6359.jpg

焼山滝まではおおよそ1時間。
見事な滝だった。
やってきてよかった、と感じた瞬間だった。
休憩し、もう少し先に小滝があるので足を伸ばした。

「ついたどー」とでも言っているのかな。
blog6360.jpg

雄滝。
blog6361.jpg

雌滝。
blog6362.jpg

両方合わせて「焼山滝」と言う。
blog6363.jpg

ここは崩落箇所らしい。
修復してあるので問題はなかった。
blog6364.jpg

結論を先に書くと、よくわからなかった。
滝っぽいのは2つあったが、標識はなかったし、帰ってからネットで調べたが、はっきり「これが小滝」と書いてあるのもなかった。
沢には小さい滝がいくつかあったので、名称ではなく「小さい滝」という意味の「小滝」だったのか。。。
blog6365.jpg

blog6366.jpg

沢に入ってクールダウン。
blog6367.jpg

4~5段の梯子。
たっくんは脇を通過。
blog6368.jpg

沢渡りもへっちゃら。
頼もしくなったものだ。
blog6369.jpg

往復で3時間半。
ほとんどが木陰だったし、沢沿いが多かったので、それほど暑くはなく快適なトレッキングとなった。
これからは暑いので、木々のない(あるいは低い)道を歩くのはしんどい。
できるだけ森林の中を歩くコースを見つけるよう、頑張ろっと。

山荘に戻り、ぐったり寝ているたっくん(もちろん、ご飯は完食)。
お疲れ様~。
CalendArchive
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンタ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク